予防歯科

まずは予防することが大切

虫歯になって治療をすると、歯は弱くなってしまいます

虫歯になった歯は、削ったり詰め物をすることで痛みを取り除いたり機能を取り戻すことができます。 しかし、削ってしまった歯は二度と元に戻ることはなく、一度治療した歯はどうしても弱く・寿命が短くなります。そのため、ご自身の歯を長く健康に保つには、歯が悪くなる前に「予防する」ことが最も重要なのです。

「悪くならない」ための歯科受診が将来のお口に大きく関係

虫歯や歯周病は、症状が出る前に主な原因である細菌や歯石を取り除くことで、確実に予防できます。 そのためには、次の3つのステップを繰り返し続けることが大切です。
毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なメインテナンスでお口の健康を守り、健やかで豊かな生涯を過ごしていただけるよう、お手伝いいたします。

STEP1 定期検診 お口の健康状態を把握
定期的な検診でお口の健康状態を把握

定期的にお口の中の健康状態を把握しましょう。
当院では定期的に検診を受けていただけるようお手伝いをしています。
むし歯や歯周病があった場合でも、定期的に検診を行っていれば、早期発見・早期治療を行うことができます。

チェック項目
  • 虫歯、歯周病の有無
  • 詰め物、被せ物の状態
  • 噛み合わせや、顎の関節の状態

むし歯や歯周病の有無や状態をご説明し、患者さまの生活習慣を踏まえたおひとりお一人にあった予防方法をお伝えします。

当院では予防に効果的なクリーニング(PMTC)や、ホームケアアドバイスなどをご提案しています。

STEP2 歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニング(PMTC)

歯科衛生士が専門の器具を使用して行う歯のクリーニングです。磨き残しや、歯ブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、お口の中を徹底的にきれいにしていきます。
PMTCの後は歯の表面がツルツルになるため汚れがつきにくくなり、予防効果も高まります。また、汚れがしっかり落ちて本来の歯の白さも戻ります。
施術の痛みはなく、お口の中がとても気持ち良くなり、虫歯や歯周病の予防もできます。

PMTCの流れ

STEP3 セルフケア「プロによる歯磨きのアドバイス」

大事な歯を守るためには、正しい歯磨きが大切です。
ご自身では毎日しっかり磨いているつもりでも、実際には磨き残しができてしまう場合が多く、磨き方によっては、歯や歯茎を傷めてしまうこともあります。
当院では、歯科衛生士が患者さまそれぞれのお口の状態にあった適切なコントロールを指導いたします。

磨きにくい部分から先に磨くプラークコントロール

1本の歯ブラシでお口全体のプラーク(歯垢)を落す「パーフェクトブラッシング」が主流ですが、当院では普通の歯ブラシのほかに、ワンタフトブラシやフロス、歯間ブラシを併用し、汚れがたまりやすい部分のプラーク(歯垢)を「簡単」で「適切」に取り除きましょう。